20代の看護師求人に強い転職サイトは?

老人ホームに看護師が20代で転職するのはあり?なし?

老人ホームに看護師が20代で転職するのは、ありなのでしょうか?それとも、なしなのでしょうか?

「老人ホームで働きたいなぁ、でも20代で老人ホームに転職している人っていないよなぁ」と悩んでいる看護師さんは、ぜひこれを読んでください!

老人ホームに看護師が20代で転職するなら、急性期に戻らない覚悟が必要!

20代A
私、急性期に疲れちゃいました。だって、忙しすぎるんですもん。老人ホームに転職したいなぁ。ゆっくり働けそう。
20代B
あんた、20代なのに老人ホームに転職するの?本当にそれで良いの?

老人ホームに看護師が20代で転職するなら、ずっと慢性期で働いていくことになることは知っておきましょう。

老人ホームで働いてしまうと、急性期に戻るのは難しくなるのです。なぜなら、急性期病棟と老人ホームでは、仕事内容や求められるスキルが全く違うからです。

急性期病棟では医療行為が多いですし、スピードが求められますが、老人ホームでは1人1人とじっくり向き合う看護が求められます。

老人ホームでの仕事は医療行為は少なめで、看護技術が衰えてしまいますし、スピードや忙しさが違いますので、老人ホームで働いてから、また急性期に戻ろうと思った場合、かなり難しくなるんです。

もちろん、老人ホームから急性期病棟に戻るのは絶対に無理というわけではありませんが、苦労することは間違いありません。

ですから、20代でまだ急性期に少し興味がある、将来的にはまた急性期で働きたいと思っている人は、今の時点で老人ホームに転職するのは止めておいた方が良いと思います。

20代A
そっか~。老人ホームに転職しちゃうと、急性期には戻りくくなっちゃうんですねぇ。
20代B
急性期命の私は、老人ホームに転職なんて絶対しないわ!
20代C
でも、私は寄り添った看護に興味があるから、老人ホームに興味があるわ。育児との両立もしやすそうだし。

老人ホームに看護師が20代で転職したら、キャリアアップはできる?

老人ホームに看護師が20代で転職したら、キャリアアップはできるのでしょうか?

20代B
老人ホームに転職したら、キャリアアップなんてできなそう。キャリアアップといえば、やっぱり急性期でしょ!

急性期の看護ではなく、もっと寄り添った看護をしたいと思っている人は、20代でも老人ホームに転職して良いと思います。

でも、老人ホームに転職したら、キャリア的なことが不安になるかもしれませんね。病院で働いていると、やる気がある人はキャリアアップするのが普通ですが、老人ホームではキャリアアップできなそうというイメージを持っている人もいると思います。

20代だったら、まだまだキャリアアップしていきたいですよね。老人ホームで働きつつ、キャリアアップしていきたい看護師さんは、老人ホームをじっくり選んでください。

老人ホームで働きながら、キャリアアップすることは可能です。老人ホームの中には、老人看護専門看護師や認知症看護認定看護師などの資格を持った看護師が働いているところがあります。

ただ、老人ホームによっては看護師のキャリアアップは不要、看護師は安く使い倒したいと思っているところがあります。

そのようなところに転職してしまうと、キャリアアップなんてできませんので、看護師のキャリアアップに理解があって、支援してくれるような老人ホームを選ぶと、キャリアアップしていけるはずです。

20代B
へぇ!老人ホームでもキャリアアップできるんだ!キャリアアップは急性期だけだと思ってた!
20代A
B先輩、いくら急性期命でも、さすがにそれは偏見ですよ…。

老人ホームに看護師が20代で転職したら、ストレスを感じることも!

20代C
20代で老人ホームに転職すると、意外なところでストレスを感じることもあるって聞いたことがあるんだけど・・・。

老人ホームに看護師が20代で転職する場合、急性期病棟から老人ホームに転職することになる人が多いと思います。20代の看護師さんは急性期病棟、特に大学病院や大きな総合病院で働いている人が多いですから。

そういう20代の看護師さんが老人ホームに転職したいと思ったのは、寄り添った理想の看護ができるからという理由もあると思いますが、今のストレスから解放されたいからという理由もあると思います。

でも、老人ホームに転職しても、ストレスが溜まることがあるので、覚悟しておきましょう。

20代A
急性期から老人ホームに転職すると感じるストレスって何?高齢者の相手をすると、自分も早く老け込みやすいとか?

例えば、看護技術や物品。老人ホームは最新の技術や物品を導入していないので、20代の看護師さんは見たことがないようなものを使っていることがあります。

私は、老健で派遣で働いた時に、老健でイソジンシュガーパスタを手作りしていたことに衝撃を受けました。

これは一例ですが、清潔・不潔の区別や衛生面、感染対策、技術、物品など、急性期病棟でバリバリ働いてきた看護師さんにとっては、「あり得ない!!!いつの時代よ!私が生まれる前の昭和が続いているの?」と衝撃を受けつつ、ストレスを感じることがあると思います。

また、老人ホームでは介護士さんとの関係が難しいので、いろいろと人間関係でストレスを感じることも少なくありません。

そのため、「老人ホーム=ストレスフリーで楽」というわけではありませんので、注意しておきましょうね。

20代B
私だったら、老人ホームはストレス溜まりそう。それにしても、イソジンシュガーパスタって手作りできるんだね~。
20代A
師長は、そういうこと詳しそうですよね。だって昭和だし!あれ?師長って、まさかの戦前生まれ?
師長
失礼ね!さすがに戦後よ!イソジンシュガーパスタの作り方は知っているけど…。

まとめ

老人ホームに看護師が20代で転職するのはありかなしかを考えてきましたが、いかがでしたか?

20代で老人ホームに転職するのは悪いことではありません。急性期に未練がなく、介護施設で老年看護を専門にしたいのであればOKです。ただ、キャリアアップできるかどうかはチェックしておくべきですし、老人ホームだから楽ということではないことを知っておきましょう。

老人ホームに転職したい人は、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、キャリアアップに協力的な老人ホームを紹介してくれますし、人間関係など細かい部分まで調べてくれるんです。

転職サイトランキングを見る